3D Phantom(R)に新サービス【Phantom Cloud】登場 3D Phantom(R)に新サービス【Phantom Cloud】登場

安心・安全な夢のあるライフスタイルを

日下部民藝館開館55周年特別展 落合陽一氏「偏在する身体 交錯する時空間」に 3D Phantomを機器提供しました

株式会社Life is Style(所在地:東京都渋谷区、代表:大貫誠)は、公益財団法人日下部⺠芸館(岐阜県高山市)が日下部⺠藝館開館55周年を記念して開催する、落合陽一氏の個展「遍在する身体 交錯する時空間」(開催期間:2022年4月9日(土)〜5月22日(日)に3Dサイネージ「3D Phantom(以下、3Dファントム)」を機器提供したことをお知らせします。

■日下部民藝館開館55周年特別展「偏在する身体 交錯する時空間」について

落合陽一氏が飛騨の自然、歴史、文化に触れて得られたインスピレーションを作品にし、民藝館の建築空間に呼応させた展示構成による、飛騨・高山地方初の本格的なメディアアートの展覧会です。

落合氏は、コロナ禍以前より民藝性に注目しており、それは質量のある自然と質量のない自然の境目がなくなった、新しい自然の上に民藝は成立するのか、という問いでもありました。

現在私たちの前に突きつけられている、社会の変化、地球の変化を考える時、木に囲まれた暮らしをしてきた飛騨高山の⺠がどのような文化を育み、その生態系を維持してきたか、そこに生じた⺠藝や伝承とは何か、という落合氏の中に湧き上がった問いを発端に、この地の縄文時代の文化や精神性にまでも遡り、思いを馳せることで、より普遍的に、この時代のデジタル以降の定住する遊牧性の鍵となる気づきや美学を手繰り寄せるこことで描いた世界の風景がご覧いただけます。

 

<展示イメージ>

<開催概要>

展覧会名称:日下部⺠藝館開館 55 周年記念特別展

      落合陽一「遍在する身体 交錯する時空間」円環に帰す炭素・デジタル・情念と物語の形

会場:日下部⺠藝館(岐阜県高山市大新町 1-52)

会期:2022年4月9日(土) 〜5月22日(日) 午前10時〜午後4時

休館日:毎週火曜(ただし、5月3日(火)は開館)

観覧料:一般1000円 学生800円 小中学生600 円(未就学児無料、30名様以上の団体10%割引)

公式サイト:http://www.kusakabe-mingeikan.com/

 

<日下部民藝館について>

元々は江戸幕府の御用商人として栄えた商家、日下部家の邸宅です。現在の邸宅は明治12年に建築されたもので、昭和41年に重要文化財に指定されるとともに日下部⺠藝館として一般公開。日下部家所蔵の文物を展示、 また建物を活かした文化事業を行いながら、昨年 5 月に開館 55 年を迎えました。

 

■3Dホログラムディスプレイ「3Dファントム」について

3Dファントムは株式会社Life is Styleが提供する、LED光源がライン状についたブレードを高速回転させ、光の残像によって映像を映し出し、インパクトのある3D映像を肉眼で体験できる3Dホログラムディスプレイです(専用メガネ等は不要)。

1台575gと軽量かつ複数台連携しての利用もできるため、場所を選ばず設置可能。他の映像配信装置との併用や音楽と連動させた演出のほか、遠隔操作による配信コンテンツの切り替えも簡単なため、店舗・商業施設・オフィスの空間演出やイベントなど様々なシーンで従来にない映像体験を提供することができます。

※3D ファントム公式サイト:https://phantom-3d.net/

■株式会社Life is Style会社概要

「すべての人に新鮮な体験を提供するインフラとなる」をビジョンに掲げ、近未来感のある3Dホログラム 映像で新しい体験価値を提供するエクスペリエンスデザインカンパニーです。自社サービスの「3Dファントム」の提供を通じて、商業施設やイベント、屋外広告などで企業と生活者の新しい出会いづくりを進めていきます。

会社名 :株式会社Life is Style

所在地 :東京都渋谷区神宮前2-18-21 kurkku home 1F

設立 :2017年1月6日

代表取締役 :大貫 誠

事業内容 :サイネージ広告事業、映像コンテンツ事業、アプリケーション開発

URL :コーポレートサイトhttps://lifeis.style/ 製品サイトhttps://phantom-3d.net/  

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCNnfttlAOhj14Z5LrcUF0FQ   

Twitter https://twitter.com/_3dphantom