3D Phantom(R)に新サービス【Phantom Cloud】登場 3D Phantom(R)に新サービス【Phantom Cloud】登場

安心・安全な夢のあるライフスタイルを

Cubeで今より便利で快適なくらしを

NextDrive社製 HEMSゲートウェイ「Cube J」は、小さくコンパクトでありながら、専用の周辺機器と連携させることにより、
家庭向けのエネルギー管理からエアコンの家電機器の操作などを行うことができるソリューションを提供します。
電力の見える化や分析、エアコン家電の自動制御などアプリからシンプル・簡単に操作することができます。

日本国内の大手10社の
スマートメーターBルートに対応

スマートメーターとの接続までの流れ

  1. 1. お住まいの地域の電力会社にBルートサービスの利用申し込みを行う
  2. 2. 電力会社よりBルートIDとパスワードを受け取る
  3. 3. アプリ「Ecogenie」でスマートメーターとCubeを接続する

ECHONET Lite AIF認証を取得

Cube Jは、エコーネットコンソーシアムが制定する「ECHONET Lite AIF認証 (※1)」を取得。
これにより、CubeとCube専用アプリ「Ecogenie」は、家電機器の発電量や電力消費量を見える化に対応していくとともに、
エアコン、エコキュート、蓄電池及び太陽光発電システムの自動制御にも対応していきます。

  • 「ECHONET Lite規格」は、住宅向けエネルギー管理システムおよび家電機器のスマート制御に採用されているスマートハウス向け制御プロトコルです。
    「AIF認証制度」とは、家電機器を安全・確実に制御することを目的とした認証制度であり、 ZEH+(ゼロ・エネルギーハウスプラス)支援事業(※2)に定める必要要件の1つにもなっています。
  • ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、断熱・省エネ・創エネの3つの基準を満たした、高い「断熱」性能をベースに、 高効率機器やHEMSによる「省エネ」と、太陽光発電などによる「創エネ」を組み合わせた、 住まいの年間一次エネルギー消費量がおおむねゼロになる住まいを指します。普及促進を目的としたZEH支援事業による補助金も用意されており、 今後ますます住宅の省エネルギー化が進むことが期待されています。

利用イメージ

Cubeシリーズを利用することで、「スマート防犯」や「ホームセキュリティ」、「エアコンの遠隔操作」など多くの機能をご利用することができます。
また、「Cube J」がECHONET Lite AIF認証を取得したことで、今後、エコキュート・太陽光発電システムなどの家電機器を操作できます。

IoTスマート防犯

手軽に導入できるセキュリティシステムをご利用いただくことができます。
「Motion Pixi」を部屋のドアや金庫など大切な物に貼り付けることで、振動や移動が検知されたら、
あなたのスマホにアラートで通知いたします。

必要機器 (Cube J + Motion Pixi)

IoT温湿度計速

温度・湿度を計測できるIoTツールとして利用できます。
​Thermo Pixi温湿度センサーは部屋やタンスや押入れに貼り付けられ、温湿度情報をスマホに通知します。
居住環境情報を見える化することで、自分と大切な家族の健康だけではなく、衣類や鞄の保全環境を守ります。

必要機器 (Cube J + Thermo Pixi)

IoTホームセキュリティ

ホームセキュリティシステムとしてご利用頂くことができます。
Cube[キューブ]とMotion Pixiモーションセンサーとウェブカメラの組み合わせで、 2分間であなた専用のホームセキュリティシステムが作れます。
いつでも、どこでも、自宅の状況を見守ることができます。

必要機器 (Cube J + Cam S + Motion Pixi)

エアコンの遠隔操作

赤外線リモコン「Beep (ビープ)」を利用することによって、エアコンをリアルタイムで遠隔操作することができます。
通勤・通学、外出先からでも「Ecogenie」を利用すれば、電源の消し忘れの心配はなくなります。
スマートモードタイマーを利用すれば、利用シーンに合わせて自動的に設定を行ってくれます。

必要機器 (Cube J + Beep)

Cube専用アプリケーション

Ecogenie

iOS 9.0以降、Android4.4以降対応